創作童話 【3歳・4歳・5歳・6歳】

ママは占い師 【創作童話】

わたし、こんなに細いところを歩けるよ。 「ママ、見て、見て!」 歩道の段差の上を歩く。 「ほら、前見て歩いて。転ぶよ。」 ドテッ。 「ほら、ママの言ったとおりでしょ?」 いたたたた。 わたし、こんなに上手にお水を運べるよ。 「ママ、見て、見て!」 …

夜の動物園 【創作童話】

ぼくは、寝るとき、ママの上に寝る。 ママが上を向いて寝たら、 ぼくがママの上に乗って、ぼくも上を向いて寝る。 こうすると、とっても落ち着くんだ。 でも、ある日、ママが言った。 「お腹に赤ちゃんがいるから、 もう、ママの上で寝ないでね。」 ママのお…

お店屋さんごっこ 【創作童話】

「はーい。 今日は、クレープとケーキがあります。 早く買いに来てください。」 娘のお店屋さんごっこが始まった。 いつもは、ママや透明なお客さんが買いにくる。 この間は、確か、お弁当屋さんだったかな。 ママが注文をする。 「幕の内弁当ください。」 …

雨の日の友達 【創作童話】

娘が保育園に行きたがらない。 朝、保育園に向かう車内では、一言も話さない。 駐車場から保育園の靴箱まで、娘はトボトボ歩く。 私は、足取りの重い娘の手を引いて歩く。 靴箱に着いても、なかなか靴を脱がない。 靴を脱いだ後も、なかなか部屋に入っていか…

おりがみ 【創作童話】

息子が車の種類を覚えた。 止まっている車、走っている車を見つけては、 「あれは、〇〇」と教えてくれるようになった。 それなら、ひらがなも分かるかも、と思った。 車のナンバープレートに書いてあるひらがなを教えた。 一つ一つ、覚えていく。 覚えたひ…

また、あえる? 【創作童話】

りっちゃんは、髪が長くて、いつも可愛く結んでいます。 活発なこっこちゃんと、のんびり屋さんのりっちゃん。 りっちゃんは、こっこちゃんの初めてできたお友達です。 でも、もうすぐ、引っ越ししてしまいます。 もう、こども園で一緒に遊べなくなってしま…

らくがき女王 【創作童話】

壁に意味の分からない文字が書かれている。 しかも、油性マジックで! 犯人は、娘しかいない。 この間は、畳に書いていた。 その前は、ふすまにも書いていた。 家中が、娘のらくがきだらけになっていく。 娘を呼んで、壁のらくがきを見せる。 「ここに、書い…

はじめは「にー」 【創作童話】

こども園から帰ってくると、娘は、なぜかいつも怒っている。 「嫌なことがあったの?」 「うん。 おともだちがたたいてくる。」 娘は、毎日、隣の席のお友達に叩かれているらしい。 先生に確認してみた。 叩く子がいるのは、たしかなようだ。 でも、いじわる…

ママは、ハシビロコウ 【創作童話】

台を持ってきて、冷蔵庫を開ける。 冷蔵庫から、牛乳を取って、テーブルに運ぶ。 よし! 「ママ、牛乳、開けて!」 「えー。」 「わたしじゃ、できないの。」 「ママも、できないの。」 ときどき、ママはハシビロコウになる。 ぜんぜん、うごかない。 そんな…

しあわせな時間【創作童話】

梅雨の時期は、洗濯物が乾かない。 部屋のあちこちに洗濯物がぶら下がっている。 洗濯物が乾いていないのに、毎日洗濯するから、もう干すところもない。 3歳の娘は、今日も外で遊べない。 パズルして、ぬり絵して、おままごとして、お医者さんごっこもした。…

魔法のおちゃわん【創作童話】

「ごちそうさまでした。」 こっこちゃんはイスからおりて、ぬいぐるみで遊びはじめました。 「あーあ、また残してる。」 お母さんは、ため息をついて、こっこちゃんのおちゃわんを片付けました。 こっこちゃんは、少し前までは残さず食べていましたが、最近…

ボクのイエローカーに乗って【創作童話】

日曜日の午後、お父さんと洗車をした。 「よし、片付けるか。」 と、お父さん。 洗い立ての車は、すべすべしている。 「一番乗りだ!」 お父さんの目を盗んで、いつもは乗せてもらえない運転席に座った。 綺麗な車は気持ちいいなあ。 「キレイにしてくれて、…

ふるさとを探して【創作童話】

ガタゴト、ガタゴト、トラックが走っています。 トラックの荷台には、たくさんの野菜が乗っています。 「なんで、こんなに暑いの? 私のふるさとは、もっと涼しかったわ。」 きのこさんは、汗がダラダラです。 「きのこさんのふるさとは、涼しい所なんだね。…

充電中【創作童話】

ボクの一番の友達は、クマくんです。 いつも一緒に遊んでいます。 ボクは、クマくんの秘密も知っています。 実は、クマくんは……ロボットなんです。 クマくんは、たくさん食べるし、いっぱい笑うし、 転んだら血が出るし、大声で泣きます。 だから、森のみん…

みんなでごはん【創作童話】

オルゴールの音楽が鳴りました。 クマさん、リスさん、ネコさんは、ルンルンとお尻を振りながら、こっこちゃんの周りに集まってきました。 こっこちゃんは、みんながきちんと座っているのを確認してから、 「いただきます。」 と、元気な声で言いました。 ま…

うそじゃないもん【創作童話】

娘は、最近、ウソをつく。 「ママ、こども園で、今日、リレーしたんだよ。 わたしは速く走れなかったけど、 あっくんが最後に抜かして、わたしの組が勝ったの。」 「へえー、あっくん、速いんだねえ。」 次の日のお迎え。 ちょうど、あっくんママに会った。 …

郵便屋さんのアメ玉【創作童話】

はるちゃんは、午後2時になると、リビングの窓から離れません。 「きた!」 真っ赤な自転車に乗った郵便屋さんが見えました。 郵便屋さんのおじいさんは、自転車のベルを 「チャリン、チャリン。」 と、2回鳴らしました。 はるちゃんは急いで玄関に行き、靴…

冬が間違っている【創作童話】

息子は幼稚園を卒園してから、急に間違い探しに目覚めた。 最初のころは、息子が間違いを見つけ、目をキラキラさせて教えるので、私も大袈裟に褒めていた。 図書館に行くたび、間違い探しの本ばかり借りるようになった。 簡単な間違いはすぐ見つけるが、難易…