公園の藤の花【創作童話】

女の子は、公園で飛ぶ練習をしていました。

「ジャングルジムは、高いからジャンプしちゃダメよ。」

「滑り台は、滑るだけ。飛んじゃダメよ。」

ママは、「ダメよ」「ダメよ」という。

 

女の子は、1番低い鉄棒から飛ぶ練習をしている。

この間、スカートで飛ぶ練習をしたら、

スカートが鉄棒に引っかかって、ビリビリになった。

「スカートの時は、高いところから飛ばないで。」

とママが言った。

 

女の子は、鉄棒に上って、飛ぶ練習をする。

「もっと高く飛ぶんだ。」

ずっと飛ぶ練習をしていたら、

ママが、「本当は飛べないんだよ。」と言った。

 

女の子は、それでも飛ぶ練習をする。

「飛べないなんて、ウソだ。」

何回も、何回も、鉄棒から飛ぶ。

「少し飛べるようになったわ。」

女の子は鉄棒に座って休んだ。

 

女の子の髪が風で揺れる。

気持ちの良い風が、爽やかな香りを運んでくる。

「たくさん飛ぶ練習をしているのね。」

公園の藤の花が優しくささやいた。

 

女の子は、鉄棒から飛び降りた。

そして、藤の花を見上げた。

「私も、飛んでみたいなあ。」

藤の花は、ささやいた。

「練習したら飛べるよ。」

女の子は答えた。

 

女の子は藤の花がサラサラ揺れるのを見ていた。

「重力には逆らえないの。

 私は、本当は上に向かって咲きたいの。

 でも、見て。

 私の花は、全部下に垂れていく。」

藤の花は、寂しそうにささやいた。

 

女の子は、「重力ってなあに?」と聞いた。

「重力のせいで、下に落ちて行くの。

 私の花も、あなたも。

 だから、飛べないのよ。」

女の子は少し考えてから言った。

「でも、鳥さんは飛べるよ。」

「そうね。鳥には翼があるからね。

 そうだ。私の花を翼にしたら?

 きっと飛べるわ。」

藤の花は、嬉しそうにささやいた。

 

女の子は、夕暮れの空を見上げた。

藤の花を翼にして、飛ぶところを想像してみた。

「藤の花の翼は、いらない。」

女の子は、きっぱり断った。

「だって、バサバサしたら、お花が可哀想でしょ。」

 

女の子は、薄紫色の空を見ながら言った。

「藤の花は、今の空と同じ色。

 きれいな紫色。

 お姫様のドレスみたい。」

 

女の子は、藤の花にバイバイをして、

また鉄棒に上って飛ぶ練習をした。

藤の花は、素敵なドレスになった姿を思い浮かべていた。

「重力のおかげで、きれいなドレスになれそうね。」

藤の花が優しくささやいた。

 

 

1330stars.hatenablog.jp