グリンデルベルグ【創作童話】

緑の山の奥深く、魔女のショコラが住んでいました。

ショコラは魔女になったばかり。

まだまだ上手に魔法が使えません。

毎日、魔法のトレーニングをしています。

 

緑の山の東側、クロンヌ王子が住んでいました。

クロンヌ王子はケーキが大好きです。

願いは、毎日ケーキを食べること。

 

ある日、クロンヌ王子は山の奥に魔女のショコラがいることを知りました。

魔女に頼めば、毎日ケーキが食べられるかもしれない。

クロンヌ王子は早速、魔女のショコラに会いに行きました。

 

クロンヌ王子は、魔女のショコラに言いました。

「魔法で毎日ケーキが食べられるようにしてくれないかい?」

魔女のショコラは頼られると「ノー」とは言えませんでした。

「チャレンジしてみるわ。」

クロンヌ王子は喜んで帰りました。

 

魔女のショコラは上機嫌で、友達のハニービーに言いました。

「クロンヌ王子から魔法の依頼がきたのよ。

 すごいでしょ?これで、私も立派な魔女の仲間入りだわ。」

「本当にすごいわ。

 私はずっと、ショコラが魔女になる日を想像していたの。

 本当にそんな日がくるのね?」

 

魔女のショコラは、張り切っていました。

毎日ケーキを食べられる魔法・・・

分厚い魔法の本をペラペラめくって探してみました。

「果物がなる」魔法を、「ケーキがなる」魔法に変えられるかしら?

それとも、「毎日同じ花が咲く」魔法を「毎日ケーキが出る」魔法に変えようかしら?

 

そうはいっても、魔女のショコラは、まだ魔女になったばかり。

魔法の本とおりに呪文を唱えてみても、うまく魔法が使えません。

それなのに、魔女の上級者でも難しい、

別々の魔法を合わせて新しい魔法を作ることに挑戦するなんて。。。

それでも、魔女のショコラは諦めません。

 

一週間経っても、二週間経っても、魔女のショコラから連絡はきませんでした。

クロンヌ王子は待ちきれなくなって、魔女のショコラに会いに行きました。

「そろそろ、魔法が完成したころだと思って来てみたんだ。

 調子はどうだい?」

「ええ、なんていうか・・・まあまあ順調よ。」

「それは、素晴らしい。

 できたら、明日、お城でお披露目会を開きたいのだが・・・」

「え?明日?

 ええ、でも、明日はそうね、あ、魔法が使いづらい日だわ。

 そうそう、3日後がちょうどいいわ。」

ノーと言えない魔女のショコラ、笑顔が歪んでいます。

「では、3日後、お城で待っていますね。」

 

「どうしよう。どうしよう。どうしよう。」

魔女のショコラは息を切らして、ハニービーのところへやってきました。

「お城で魔法を披露することになったの。

 どうしよう。

 まだ、魔法が完成していないの!」

「私はずっと想像してた。ショコラが魔女になれる日を。

 そして、ショコラは魔女になった。

 だから、ショコラも想像してみて。きっとうまくいくわ。」

 

それからも、ショコラは新しい魔法を考えていました。

どれとどれを合わせたらうまくいくのかしら?

分厚い魔法の本は、もう何百回も読みました。

 

いよいよ明日がお城に行く日です。

心配になったハニービーが魔女のショコラに会いにきました。

「ねえ、想像して、きっとうまくいくわ。」

想像したいわよ、私だって・・・うまくいくって想像したいわ・・・

想像・・・想像・・・

待って、確か・・

魔女のショコラは、分厚い本をもう一度開きました。

そうよ、なんで新しい魔法をつくることばかり考えていたのかしら?

この魔法があったじゃない。

この魔法を完璧にできるようにしよう。

きっとうまくいくわ。

 

翌日、魔女のショコラはお城に招かれました。

友達のハニービーも一緒です。

「では、お願いします。」

クロンヌ王子が言いました。

魔女のショコラは大きな声で呪文を唱えました。

「グリンデルベルグ!!」

すると、どうでしょう。

テーブルには次々とケーキが並んでいきます。

クロンヌ王子の前には大きなケーキ。

ハニービーの前にはかわいいケーキ。

魔女のショコラの前にはチョコのケーキ。

 

「ワンダホー!!」

クロンヌ王子は喜んで、大きなケーキを食べ始めました。

「すごいわ!やっぱり、私が想像していた通りだわ。」

ハニービーも大喜びです。

「想像が現実になる魔法をかけたの。

 クロンヌ王子は毎日ケーキを食べられること想像をしていたからね。

 想像したことがケーキになるの。素敵でしょ?」

魔女のショコラがハニービーにウインクしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グリンデルベルグのショーケースに並ぶケーキは、

どれも見ていてワクワクして楽しいです。

見てもかわいい、食べても美味しいケーキです。

今回、童話を書くことを快く承諾していただき、ありがとうございました。