創作童話

カラスになりたい 【創作童話】

とても暑い日、カラスは水浴びをするため、川にきました。 そこには、川で体を洗う白ウサギがいました。 白ウサギは、カラスに言いました。 「あなたも、体を洗いにきたの? そんなに真っ黒じゃ、よーく洗わないとね。」 「いや、これは汚れではないので。」…

歩いていく【創作童話】

夫が倒れた。 左半分が麻痺して、動かなくなった。 退院して、リハビリに通って、マッサージもして、 それでも、歩く時は、杖が必要だった。 夫は、天気の良い日は散歩に行く。 杖をついて、ゆっくり歩く。 途中、休憩をして、また、ゆっくり歩く。 春には、…

神様の畑 【創作童話】

「神様、一日無事に過ごせますように。」 「神様、明日の試験に合格できますように。」 「神様、いつまでも、ラブラブでいられますように。」 今日も、人間たちは願い事を神様に頼みます。 空の上、神様の世界では・・・ 一人用の雲に乗った神様が、それぞれ…

立ち上がる勇気 【創作童話】

電車に乗り込む。 空いている席が優先席しかなかった。 ひとまず、優先席に座る。 次の停車駅で、マタニティキーホルダーをつけた人が乗ってきた。 優先席の私は、思わず、下を向いてしまった。 《キラキラリン》 電車では聞いたことがない音楽が流れた。 そ…

乙姫様の真実 【創作童話】

漁師は海で釣りをしています。 今日は、彼の娘の3歳の誕生日です。 どうしても、鯛を釣って帰るぞ。 気合は十分ですが、さっぱり釣れません。 諦めて帰ろうとしたとき、やっとヒラメが釣れました。 「ヒラメでもいいか。」 漁師が網からヒラメを取ろうとし…

星の作り方【創作童話】

今、私はコンサートホールの客席に座っている。 今日は、娘のピアノの発表会だ。 ☆☆☆ 私の中学校には天文部があった。 部員は、ただ1人。 同じクラスの男子だった。 ある時、その男子に聞いて見た。 「天文部、楽しい?」 何気ない質問だ。 「うん、楽しい。…

気がつけば【創作童話】

お座りができるようになって… 気がつけば、 私が料理を始めると、必ず、私の事を「あー、あー」と大きな声で呼んだ。 仕方ないので、私のそばに座らせた。 ガス台の扉を開けて、鍋やフライパンを全部出して、嬉しそうに叩いて笑っていた。 ハイハイができる…

ボクはメガネ【創作童話】

よく見えないよね? だって、レンズがキズだらけだもん。 まず、その辺に無造作に置きすぎなんだ! レンズは必ず上向きに置いて欲しい。 これ、常識。 一日の終わりには、「お疲れ様」と言って、レンズを拭いて、ケースにしまって欲しい。 これ、希望。 はあ…

キヨシとゴン【創作童話】

目を覚ましたキヨシは、居間に歩いて行く。 ゴンの隣に座って、ゴンの顔をじっと見る。 ゴンはテレビを見ながら、うとうとしている。 キヨシとゴンが出会ってから、2週間が経った。 キヨシはゴンが大好きだった。 動作がゆっくりなのも、 テレビを見ながら寝…

桃太郎の真実【創作童話】

桃太郎は、イヌ、サル、キジと沢山の宝物を持って、鬼ヶ島から帰ってきました。 「本当に、よく頑張ったなあ。わしは、嬉しい。」 おじいさんは目を細めて、大きくなった桃太郎を見上げました。 「桃の中から出てきた赤ん坊が、こんなに立派になって…。」 お…