コウノトリの約束【創作童話】

コウノトリの仕事は、赤ちゃんをお母さんに届けることです。

 

その日、初めて赤ちゃんを届けるコウノトリがいました。

雲の上で、コウノトリは眠っている赤ちゃんを真っ白い布で優しく包み、自分の体にしっかりと結びつけました。

丸い月が輝く静かな夜です。

コウノトリは、準備が整うと、数回羽を広げ、深く息を吸い、思いっきり飛び出しました。

 

コウノトリが気持ちよく飛んでいると、

「コウノトリさーん。」

と、呼ぶ太い声が聞こえました。

コウノトリが降りて行くと、坂の上にダルマがいました。

「コウノトリさん、一緒に『ダルマさんが転んだ』をしませんか?」

「ダルマさん、ぼくは赤ちゃんを届ける途中なので、できません。」

コウノトリは、きっぱり断りました。

ダルマは、寝ている赤ちゃんを覗きこみました。

「まんまるとしたイイ子だ。オイラのように、何度でも立ち上がれる強い子になるよ。」

その時、優しい風が吹きました。ダルマは坂をゴロンゴロンと転がっていきました。

「ありがとう。」

コウノトリは、飛び立ちました。

 

またしばらくして、

「コウノトリさーん。」

と、呼ぶ強そうな声が聞こえました。

コウノトリが降りていくと、岩山にライオンがいました。

「コウノトリさん、一緒に『しりとり』をしよう。」

「ライオンさん、ぼくは赤ちゃんを届ける途中なので、できません。」

コウノトリは、きっぱり断りましたが、

「ねこ。」

と、ライオンは勝手にしりとりを始めました。

仕方なく、コウノトリはしりとりをしました。

「コウノトリ」

「りんご」

「ゴリラ」

「ライオン……がおー、負けたあ。」

コウノトリが急いで飛び立つと、ライオンは大きな声で叫びました。

「その子は、しりとりの得意な子になるぞお!」

「ありがとう。」

コウノトリは後ろを振り返りながら、言いました。

 

またしばらく飛んでいると、

「コウノトリさん」

と、呼ぶしゃがれた声が聞こえました。

声のする方を見ると、木に引っかかった凧がいました。

「すみませんが、糸をほどいてください。」

凧が申し訳なさそうに言うので、コウノトリは近くの枝にとまって、一本ずつ糸をほどいていきました。

凧は、眠っている赤ちゃんを見つめて言いました。

「いい顔して寝ているね。この子は、自分の風を上手につかって、気持ちよく飛べる子になるよ。」

コウノトリが糸をほどき終わると、凧は風に乗って飛んで行きました。

「ありがとう。」

コウノトリも、風に乗って、飛び立ちました。

 

赤ちゃんのお母さんのところまで、もうすぐです。

「コウノトリさーん。」

と、甲高い声がしました。

コウノトリが降りていくと、テントのそばにピエロが立っています。

「コウノトリさん、一緒に遊びましょう。」

ピエロは、りんごを指でクルクル回しています。

「ピエロさん、ぼくは赤ちゃんを届ける途中なので、できません。」

コウノトリは、きっぱり断りました。

ピエロは、眠っている赤ちゃんに笑いかけながら、

「笑顔の素敵な子になるわ。」

と、持っていたりんごをくれました。

「ありがとう。」

コウノトリは、飛び立ちました。

 

コウノトリの前に、空から真っ直ぐに伸びる光が見えました。

その光がさす場所に赤ちゃんのお母さんがいます。

コウノトリは、ゆっくりと光の中に入り、大きな羽で赤ちゃんを抱きしめました。

そして、赤ちゃんにだけ聞こえる声で囁きました。

空から伸びる光がパッと消え、赤ちゃんの産声が聞こえます。

コウノトリは、しっかりと赤ちゃんの声を聞いて、嬉しそうに空へと帰って行きました。

 

月日は流れ、10歳の誕生日の朝。

枕元に一通の手紙が置いてありました。

『たいせつな あなたへ

 

 あなたがうまれたひ

 わたしとかわした約束を

 おぼえていますか

 

 せいいっぱい しあわせにいきること

 

 約束は、それだけです

 

 コウノトリより』

コウノトリの仕事は、赤ちゃんをお母さんに届けること。

赤ちゃんに生きる力を与えることです。

 

1330stars.hatenablog.jp