こんにちは。エプロンです。 【創作童話】

『こんにちは。

 エプロンです。

 午前10時ですが、まだ寝ますか?』

「仕事で疲れているんだ。

 もう少し寝かせてくれ。」

『では、明日の朝、6時に起こします。』

 

『おはようございます。

 エプロンです。

 朝、6時です。 

 起きてください。』

「はあーあ、まだ眠いよ。」

『エプロン装着完了です!

 ママと赤ちゃんを起こさないように起きましょう。』

「なんだ、なんだ!?

 体が、勝手に・・・」

『静かにお願いします。

 昨晩も赤ちゃんは、夜泣きで5回起きています。

 ママも、5回起きています。』

「え?

 全然、気が付かなかった。」

エプロン姿のオレは、体が勝手に動いていく。

まずは、朝ごはんの準備だった。

洗米して、炊飯器にセット。

『赤ちゃんが泣いています。

 ママを起こさないように抱っこしましょう。』

寝室に行くと、ママが寝ながら、泣いている赤ちゃんをポンポンしている。

オレは、そっと赤ちゃんを抱き上げる。

ママが、びっくりした顔で起き上がる。

「大丈夫。

 寝てて。」

オレの口が勝手に話す。

エプロンに支配されたオレは、赤ちゃんを抱いて、部屋を出た。

あれ?

こんなに重かった?

生まれた時は、小さくて、壊れそうだったのに。

あれ?

抱っこしたのは、いつぶりだ?

こんな顔して、泣くんだ。

変な顔、でも、かわいいなあ。

泣くな。泣くな。

大丈夫。大丈夫。

『オムツを取り替えましょう。』

オレの体が勝手に動く。

赤ちゃんを座布団の上に寝かせる。

わお。

結構、してますね。

優しくふいて、ふいて、ふいて・・・。

あ、お尻拭きが山のようになってしまった。

まあ、きれいになったから、いいや。

まだ、泣いているなあ。

『ミルクの用意をしましょう。』

お湯沸かす。

ママが起きてきた。

「今、ミルクを作っている。」

オレの口が勝手に話す。

ママが赤ちゃん抱き上げて、オレを見ている。

「どうしたの?

 私がやるよ。」

「大丈夫。

 昨日も、全然寝てないでしょ?」

オレの口が勝手に話す。

オレの体が勝手に動いて、ミルクを作っている。

ママにミルクを渡そうとしたら、

「パパがあげたら?」

と、赤ちゃんを渡された。

結構な力で、吸っている。

「かわいいでしょ?」

「かわいいね。」

赤ちゃんは、飲みながらながら寝てしまった。

 

『こんにちは。

 エプロンです。

 午前10時ですが、まだ寝ますか?』

「ああ、仕事で疲れてて、もう少しだけ寝かせて。」

あれ?

この声・・・1年前にも聞いた。

オレは、飛び起きた。

『エプロン装着完了です。

 ママと子どもは、もう起きています。』

オレの体が勝手に動く。

「おはよう。

 今日は、ママのリフレッシュデーにしよう。」

オレの口が勝手に動く。

「洗濯は?」

「終わった。」

「掃除は?」

「まだだけど、

 いいよ、疲れているでしょ?」

「大丈夫、大丈夫。」

オレは、子どもを抱っこする。

「ママー。」

こどもが、若干、嫌がっている。

下ろしたいが下ろせない。

体が勝手に動いている。

「ヒコーキだー。」

オレの体が勝手に子どもを抱えて、上下に揺らす。

こどもの笑い声は、くすぐったいな。

「肩車だ!」

オレの体が勝手に動く。

左手で肩に座る子どもを押さえて、右手で掃除機をかける。

子どもがキャッキャして、よく動く。

「あぶない、あぶない」と言いながら、ママが笑っている。

ママがこんなに笑っているのを久しぶりに見た。

 

こどもが3歳になった。

こどもと庭で砂場遊びをしている。

「パパ、雨。」

「ホントだ。

 よし、お片付けして、お家にいそげー。」

「パパ、お洗濯、ぬれてる。」

「オッケー。パパ頑張るよー。」

急いで洗濯物を入れる。

洗濯物の中に見覚えのあるエプロンが。

これって?

「洗濯物を入れてくれて、ありがとう。」

ママが来た。

「このエプロンって、いつ買ったの?」

「それは、パパのお母さんから出産祝いで頂いた物でしょ?

 忘れちゃったの?

 パパ、そのエプロンを着た時だけは、別人のように子育てしてくれたよね。

 ちょっと、待っててね。」

ママがカードを持って、戻ってきた。

「エプロンと一緒に頂いたカードだよ。」

カードには

”母は楽し 父も楽し”

と書いてある。

「よく、『母は強し』っていうよね?

 でも、お母さんにとっては、『母は楽し』だったみたい。

 私も、『母は楽し』の方が好きだな。」

そっかあ。

父親の楽しさを教えるためにエプロンはオレのところに来たのか。

オッケー、

オレも、父を楽しむぞ!